前へ
次へ

悪意が見え隠れする怪しい人物の居住先調査

ある人物の所在調査や居住先調査したいと考えた場合に必要な情報は何か?携帯電話番号が情報源として有効か?保険証等の身分証明書に記載されている住所が居住先と判断できるか?正直なところ「ご依頼者様が抱える問題の状況に応じて判断が異なる」が探偵や興信所の見解と言えるでしょう。ご依頼者様に対して悪意が存在する人物であれば「携帯電話の契約者住所を意図的に居住先と異なる場所」としていると考えられるでしょうし、身分証明書の登録先住所(公簿上の住所)を自身と関係のある住所にしている等が考えられるのです。

このような人物の居住先を特定したいと考えた場合に重要となるポイントは「ご依頼者様が事実として確認している対象者についての情報」をお持ちであるか?であり、情報量に応じて「所在や居住先の特定に必要となる時間」も異なるのです。ここで言う「対象者についての事実」と判断できることは「会話の中では半蔵門線を利用する」と話す対象者が、実際には丸ノ内線方面で見かけられた等の事実であったり、主に生活圏としている地域の世間話の内容が薄く、約束やアポイントを交わした場所に融通うを効かせた場所を設定しても「近所では無い雰囲気」があり、約束を終えて別れる時なども「必ず寄り道しなければならない口実」があるため「インチキ臭い」感じがする為、こちらが駅は利用しないと告げると「対象者は駅を利用する」などの行動が当たり前である。

このように悪意が存在することが濃厚な人物と仕事上お付き合いをしてしまったり、交際相手として選んでしまい多額の金銭を貸し借りしてしまう状況は悩ましく不安な感情になり「事実確認が必要」と思われることでしょう。

このような不安な感情を持ったまま「仕事でお付き合い」や「男女交際」を継続しても心地よい時間にはならないと言えます。所在調査や居住先調査を実施して「嘘がある人物か確認」した上で、今後のお付き合いを判断されることは、選択として正しい判断の一つと言えるのです。

婚約者やフィアンセの身元確認調査

婚約者や結婚相手と考えていた人物に「嘘が多くある事実」が結婚前に発覚し事実確認が必要となる。信じていた結婚相手のプロフィールが信じられなくなってしまい、結果的に多くの事実確認が必要なため「探偵に婚約者の身元確認調査や行動確認調査」を依頼する。交際期間に情報として認識していた「フィアンセの言葉に嘘が存在」したならば長い人生の伴侶として選ぶべき人物ではないと判断できるでしょう。そして、何が目的で嘘が必要であったのか?確認する材料となるでしょう。

多くの嘘や悪意には「目的が存在する」ものであり、ご依頼者様が探偵にお持ちにになる情報が事実であるか確認する簡単な事実確認調査を実施いたします。事実確認で嘘が存在したならば、必要に応じて結婚相手の尾行も実施し、素行不良な動向が存在しないか?の行動確認調査も官益的に実施いたします。そして、ご依頼者様の今後に必要な情報を各種確認調査で明らかにするのです。

立ち回り先調査を実施して得られる優位な情報

浮気調査や素行調査などの行動確認調査全般に共通して得られる有益な情報が「立ち回り先」と言えます。調査対象者が主に立ち寄り先として利用する「店舗や飲食店」等や「お得意様である企業や重要な取引先」などが判明する調査が「立ち回り先調査」なのです。地域によっては車両で移動することが頻繁な人物も存在するでしょう。そんな対象者が「数多く利用する立ち寄り先が判明」し仕事上で必要となる取引先や銀行・発注先なども判明する調査と言えるでしょう。 立ち回り先調査を実施する理由として、多くの場合に「ライバル企業がどのような立ち回り先を利用し業績を伸ばしているのか?」確認のために実施する調査とも言えるのです。この調査で得られる情報は有益な情報が多いことは間違いありません。しかし、依頼人の調査目的次第では違法性がある調査になりかねませんので、立ち回り先調査のご相談・ご依頼の際には「情報の取り扱いを確認」した上で調査委任契約を実施させていただいております。多くの利益をもたらす情報は「紙一重で取り扱いが危険」となり得るので我々探偵業者が「違法性・危険な情報の使用方法の存在」を必ずご確認し調査に着手しているのです。 現在、存在する探偵は探偵業法の範囲内での活動が義務付けられております。誠実に業務に向き合う探偵としてのアイデンティティーにも関わるお話しにもなってしまうのです。

Page Top