前へ
次へ

間違った探偵・興信所選び

探偵事務所や興信所の信頼度や実績を確認する手法が存在するならば「間違った探偵選び」をしてしまう事は無くなることでしょう。しかし、現実には「調査力不足な探偵や興信所」を選んでしまい「ご依頼人が望む調査結果を得られない」状況に陥ることも少なくありません。前記のように間違った探偵選びを回避し「調査費用や時間に見あった調査結果を得られる」探偵や興信所に巡り会うにはどのような方法が存在するのか?少しお話ししたいと思います。

まず「依頼に関わる地域が何処か?」認識し「その地域に精通した探偵や興信所」と相談し依頼することが基本と言えます。

インターネットの検索エンジンを利用し「検索結果で表示された探偵や興信所が調査地域に存在」しなければ無意味な探偵や興信所選びとなるのです。調査に関わる地域が関東圏であるにもかかわらず「大阪や名古屋の探偵に相談や依頼」をしても無意味と理解できることでしょう。関東の調査案件は「関東の探偵に調査の相談や依頼」をすることに意味があるのです。

次に間違い易いケースとしてあげられる探偵選びは「探偵と面談や相談を省き調査に着手」する行為といえます。

法律上定められた範囲内で最低限の面談や相談の実施回数により「探偵と調査契約を結ぶ行為」は危険であり、依頼先である探偵や興信所について「何も知らないまま調査を依頼」してしまうこととなってしまいます。

無駄な調査や無駄な費用を避けるために最も必要な事は何か?

ズバリ申し上げると「依頼先である探偵や興信所を知る」ことが大切と言え、探偵が提案する調査が納得ゆく調査手法であるか等も「期待はずれな調査を実施する探偵かどうか?」の判断材料にもなると言えるのです。探偵が提案し実施しようとしている調査手法が「欲している調査結果にあった手法ではない」と調査着手前に判断できる場合は「探偵の調査力や経験不足の表れ」と言え、依頼先として相応しくない探偵と判断できることでしょう。このようなことからも探偵との面談や相談が如何に大切であるか理解していただける事でしょう。

探偵や興信所選びの間違いやすいポイントについてお話ししましたがいかがでしたか?

実に当たり前な事と思われる方が多い事でしょう。しかし、抱える問題に悩まされている御依頼者は「不安な心情からごく普通な判断さえも下せなくなる」ケースが多く「適材適所に依頼出来ない」ことは珍しくないと言えるのです。

Page Top